社員証いうものは、責任感にも関係してくる一面があると思います。というのも、それに対しては色々な情報が記載されているからです。まずフルネームが書かれることになります。それと従業員の顔写真もプリントがなされるものです。さらに社員証は、多くの方々から見られることになります。職種によっては、それを着用して非常に多くの方に接客をするというケースなどもあります。ということは、ご自身の名前が多くの方々に見られるわけです。なおかつ会社の名前なども掲載されていますので、仕事に対する責任感も求められるわけです。実際業種によっては、その目的で名札などを用いているケースなどが有るそうです。社員証は多くの場合は、セキュリティや勤怠管理などと関係しているものです。しかしそれだけではなく、従業員の責任感を強めるための働きなどもあるのではないでしょうか。

社員証と個人情報と紛失防止

昨今では、昔に比べると個人情報の保護などはだいぶ厳しくなってきたように思います。昔は今ほど個人情報の保護は厳しくなかったと思います。しかしある時から、個人情報の保護に対するルールなどが、色々と細かくなってきたように思います。ところで個人情報に関係するものの1つは社員証です。それには、色々と個人データが記載されているものです。名前と顔写真と会社名が記載されているからには、重要な個人データだと思います。ということは、紛失が発生してしまうと色々と問題があるわけです。ですので、いかにして紛失しないようにするかは重要です。ちなみにある会社によると、常にストラップを着用するのが紛失防止につながってくるそうです。社員証を手で持つのは、意外と紛失につながりやすいそうです。それよりもストラップに入れて常に首から下げる方が、紛失確率が下がると言われています。

社員証により社員の名前を確認する

一つの営業所で運営する会社などでは、ある程度社員の顔がわかります。人数も数十人ぐらいでしたら顔と名前が一致できるでしょう。大企業になってくると規模が違います。一つの営業所でも百人近くいて、それが全国になると数千人規模になることもあります。そうなってくると、自社にどういう人がいて、どういう顔の人かもわからないことがあります。社員証を用意することで、名前を確認することができます。知らない人が歩いてきたとしても、名前を見ることで誰かが分かります。会議などで初めてあった時に、この人が噂の誰々と知ることができるのです。常にぶら下げるようにしているので、忘れたとも安心です。そのうち覚えることができるようになります。一般の社員においても必要ですが、特に新入社員などは必要になります。まずは名前を覚えてもらわなければいけないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*